スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで出したグルーヴだ! 

みんな、ありがとーーーー!!!!

本当にありがとう!!!!


3/29の赤坂BLITZワンマンが終わって3日経った。

当日のライブ音源(T2D)を聴いたり、みんなのツイートを読んだり、友達から直接感想を

もらったりして、ようやくジワジワと実感が沸いてきた。

「楽しい時間は一瞬で・・・」とはよく言うが、本当に夢のような時間が一瞬に凝縮されていたみたいだ。


NuliPongは2013年の元旦から毎日、五反田駅前で「五反田」を唄い。それこそ雨の日も、風の日も

雪の日もあった。体調が悪い日だってあったはずだ。


コウタは毎日ツイッターと睨めっこ(フォロワーを買うってオチがついたけど、自力で1万人近く増やしたのは

凄い!と、俺は思ってる。毎日携帯電話をいじりまくってるのを横で観てたからかな。)←かっこの

中が長くてごめん。


おにぎりは、ブログにチラシ配りに、広報に走り回ってくれた。

ツアー先でもリハーサルが始まる前に配り、リハーサルと本番の間に配り、ライブイベントが終わってから配り。

他のメンバーが口をそろえて「俺にはできない。」って言ってたっけ。


そう、赤坂BLITZに向けてメンバー各々がやってきた挑戦は、まさにバンド!

自分にしかできないパートをやって、4人で形にするって事だったんだ。


そして、俺にしか出来ないことは・・・みんなを信じて歩く事、ただひたすらに。

京都を出発して赤坂まで、ただひたすらに歩いた。

メンバーみんなも俺のことを信じてくれた。いや、メンバーだけじゃない!

これを読んでくれてるみんな、赤坂BLITZで待っていてくれたみんな、携わってくれたスタッフさん達。

本当にみんなが俺を信じて待ってくれていたから、赤坂に無事辿り着いてライブができたと思ってる!

ありがとう!!!!

この東海道五十三次の事は、また折をみてブログに書くね。



ライブが始まってからの事は、本当に一瞬の出来事だった。

ステージの上で着替え、1曲目から最高にあったまった会場のテンションと、ゴマアブラ4人の演奏が

見事にグルーヴしていたように感じる。ちょっとカッコよすぎ?(笑)

そのグルーヴは消えることなく、手拍子になったり、笑い声になったり、時には静寂になったり。


みんなの笑った顔も、ステップを踏む姿も、一緒に歌う姿も、サングラスをしてても全部見えてた。

最高の景色だった!

最高だったよ!!!!


じゃあ、ここで当日のセットリストを


1、ゴマアブラのテーマ
2、Dis子
3、遭遇
4、強がってGo!
5、セカンドボタンメイク
6、五反田(NuluPong)
7、いつまでも(新曲)
8、メリー・ジェーン
9、あの街からこの街から
10、30万m離れても・・・(ダディー弾き語り)
11、Soul summit!!!!(with THE TON-UP MOTORS)
12、フライ揚げる
13、元気だしてよ
14、上へ上へ

アンコール
15、フライ揚げる(DANCE!!!!)
16、お天道サマー(新曲)
17、海老BODY

改めて書いてみるとこんなにやったんだなあ、って思うけど。

本当に一瞬の出来事だった!!楽しすぎて!

トンアップとは久しぶりに一緒に音が出せて最高だったし、アンコールのダンスが終わった後は本当に

立てなくなるかと思った(笑)

俺の弾き語り、悪くなかったでしょ!?(笑)

歩き出す2週間前位にNuluPongから鍵盤借りてめっちゃ練習してたんだ、実は(笑)

フライ揚げるでは、会場のみんなが光る輪っかを持って一緒に踊ってくれてたよね!?

本当びっくりしたし、最高に嬉しかった!!粋な事するよな~~!!このこの~!!(笑)


最後の海老BODYは本当に気持ち良かったなあ。

会場の全てでグルーヴして踊っていたように感じる。

いや、あれがグルーヴするって事でいいんじゃない?

当初の目標「赤坂BLITZをDISCOにするぜ!」が形になった瞬間だった。

本当に最高だった!!!!


会場に来てくれたみんな、ゴマアブラのチャレンジを応援してくれたみんな、トンアップのみんな、

ダンサーのみなさん、全てのスタッフさん、そしてメンバー

みんな、ありがとう!!!!


本当に最高の夜だった!


でも、最高の夜はまだまだ続くんだぜ!?

まだ踊り足りないだろ?

また最高のグルーヴを一緒にだして、一緒に踊ろうぜ!!

レッツグルーーーーーーーーーヴ!!!!

ありがとう!!!!




ダディー直樹

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。